カーフィルムを選ぶ際は可視光線透過率をチェック│東京都東久留米市 コーティング

サブページメイン画像

  • HOME
  • カーフィルム
  • カーフィルムを選ぶ際は可視光線透過率をチェック│東京都東久留米市 コーティング

カーフィルムを選ぶ際は可視光線透過率をチェック│東京都東久留米市 コーティング

 可視光線透過率とは?

「可視光線」とは、人間の目に光として感じる波長範囲の電磁波のことで、赤外線紫外線のことを指します。

「透過率」どれだけ透けているかを示す値可視光線透過率0%が不透明で、100%に近づくほど透明になっていきます。

フロント回りのガラスにカーフィルムを施工する場合は、可視光線透過率を必ずチェックし、車検に通るカーフィルムを選びましょう。今回は、カーフィルムを貼る場所に必要な可視光線透過率についてご紹介いたします。

 フロント回りは可視光線透過率70%以上

フロントガラスフロントドアガラス(運転席・助手席横)にカーフィルムを施工する場合、可視光線透過率70%以上が車検に通る条件です。

フロント回りのフィルムは運転の妨げになるため、スモークフィルムのような可視光線透過率70%を下回るフィルムの場合は施工できません。

 リアガラスや後部座席の窓ガラスは可視光線透過率の条件なし

リアガラス後部座席の窓ガラスの場合は、可視光線透過率の条件なし

運転に影響しないリアガラスや後部座席の窓ガラスの場合は、基本的にどのようなフィルムを施工しても問題なく車検に通すことができます。スモークフィルムのような可視光線透過率の低いフィルムももちろんOKです。

可視光線透過率と外からの見え方は下記になります。

●外から見た場合
可視光線透過率25~30%:搭乗者の「顔」が識別できる
可視光線透過率10~20%:搭乗者の「姿だけ」が識別できる
可視光線透過率0%   :搭乗者の識別ができない

 東久留米市でカーフィルム施工なら、AUTO PAL EASTへ

東京都東久留米市にあるAUTO PAL EASTは、品質重視高い満足度が自慢のカーケアのプロショップ。

カーフィルム施工の際は、外からと中からの見やすさのアドバイスもさせていただきます。窓ガラスの遮熱フィルム施工色付きフィルム施工はお任せください。

当社では国産WINCOS(ウィンコス)高品質なフィルムを取扱い。フロント3面施工の場合、可視光線透過率の測定器でしっかり測定し、車検に通る範囲で施工いたします。

オーロラフィルム・カメレオンフィルム・ゴーストフィルム・スモークフィルムなども対応可能です。

>>カーフィルムの詳細ページはこちら

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

東京都東久留米市にあるAUTO PAL EASTは、品質重視で高い満足度が自慢のカーケアショップ。コーティング(プロテクションフィルム)、ガラスコーティング、カーフィルム(ゴーストフィルム・スモークフィルム)、カーラッピング、ルームクリーニングなど、カーディテイリング全般を取り扱っております。未塗装樹脂からガラスや金属まで、お客様の愛車を細部まで全て綺麗にブラッシュアップいたします。

東久留米市の方はもちろん、練馬区、清瀬市、小平市、西東京市、武蔵野市、杉並区、世田谷区、埼玉県新座市などにお住まいのお客様もお気軽にどうぞ。

TEL.042-472-4518

お問合せフォームはこちら

カーフィルムの他のページ

カートに
入れる
気になる
お電話
お問合せ
お見積り